2021年 1月号(No.196) ~ 2022年 5月号(No.204)の主な内容
           
東京古田会ニュース2022年 5月号(No.204)の主な内容
   
 会長独言   田中 巌 
   
 意次と孝季in『和田家文書』その2   皆川 恵子 
   
 『歎異抄』と『古事記』の悪人   古賀 達也 
   
 コーヒーブレーク 
 メディアの見識 
 泉 英毅 
   
 古代史エッセー67 
 大津皇子刑死と詠嘆的疑問 
 橘高 修 
   
 河内戦争とその後   服部 静尚 
   
 「舒明紀」を閲する   新保 高之 
   
 摂政と兄弟統治   服部 静尚 
   
 コーヒーブレーク 
 聖徳太子 
 泉 英毅 
   
 今後の会の運営と会員の皆様へのお願い   橘高 修 
   
 お知らせ   
   
   

東京古田会ニュース2022年 3月号(No.203)の主な内容
   
 「六世紀の実像」《安閑・宣化》   和田 高明 
   
 古代史エッセー66 
 誓約(うけい)についての考察 
 橘高 修 
   
 『古事記』の「命」と「王」たち   新保 高之 
   
 「一元・史観」と「皇位継承」   泉 英毅 
   
 大和「飛鳥」と筑紫「飛鳥」   古賀 達也 
   
 意次と孝季in『和田家文書』その1   皆川 恵子 
   
 会長独言   田中 巌 
   
 お知らせ   
   
   

   
東京古田会ニュース2022年 1月号(No.202)の主な内容
   
 謹賀新年   田中 巌 
   
 伊勢市朝熊の永松寺に秋田實季蟄居の地を尋ねる   皆川 恵子 
   
 古代史エッセー65 
 「烽(とぶひ)」についての考察 
 橘高 修 
   
 『記紀』の「県」について   新保 高之 
   
 「古田武彦記念古代史セミナー
2021」をふりかえって 
 橘高 修 
   
 古代山城研究の最前線 
 ─ 前期難波宮と鬼ノ城の設計尺 ─ 
 古賀 達也 
   
 小田富士雄氏の瓦編年に疑問を呈する   服部 静尚 
   
 掲示板   
   
   
   

   
東京古田会ニュース2021年11月号(No.201)の主な内容
   
 聖徳太子は異名王   新保 高之 
   
 「真田の鉄」発見記 その②   吉村 八洲男 
   
 古代史エッセー64 
 「倭の五王」についての考察 
 橘高 修 
   
 太宰府成立時期の考察   服部 静尚 
   
 古代日本の和製漢字(国字) 
 多利思北孤の「新字」 
 古賀 達也 
   
 ネット版「和田家資料」を制作   藤田 隆一 
   
 南信濃から見えてきた古代「塩の道・馬の道」 
 見つかった古代「塩の道」
 久保 玲子 
   
 掲示板   
   
   

東京古田会ニュース2021年 9月号(No.200)の主な内容
   
 「東京古田会ニュース」第200号発刊に当たって   田中 巌 
   
 『日本書紀』にいた「倭の五王」   岩田 俊雄 
   
 『日本書紀』の「三宝」と「仏」   新保 高之 
   
 「真田の鉄」発見記 その①   吉村 八洲男 
   
 年輪年代測定「百年の誤り」説 
 ─ 鷲崎弘用説への異論 ─ 
 古賀 達也 
   
 古代史エッセー63 
 「倭の五王」時代へのプロローグ 
 橘高 修 
   
 思い出がたり(12) 
 会報200号に寄せて 
 香川 正 
   
 大田皇女が長生きしていれば 
 大津皇子の「とかなくてしす」はなかった 
 秀島 哲雄 
   
 古田武彦記念古代史セミナー   
   
 掲示板   
   
   

東京古田会ニュース2021年 7月号(No.199)の主な内容
   
 比恵那珂遺跡は「不弥国」か 
 博多湾岸の港湾都市遺構 
 大下 隆司 
   
 謎の皇孫・建王と大田皇女   新保 高之 
   
 「建御名方神」を追って 
 高志から信濃に侵入した天照族 
 久保 玲子 
   
 我が国の暦の歴史   服部 静尚 
   
 「九州勢」の東日本への進出   吉村 八洲男 
   
 七世紀後半の近畿天皇家の実勢力 
 ─ 飛鳥藤原出土木簡の証言 ─ 
 古賀 達也 
   
 古代史エッセー62 
 空白の四世紀 韓半島の陣取合戦 
 橘高 修 
   
 コーヒーブレイク 
 専門家の助けが欲しい 
 有賀 孜 
   
 思い出がたり 
 異議あり!「遣隋使」と「遣唐使」
 ─ 歴史学者のほっかむり 
 香川 正 
   
 The Sant Juan Bautista in 『和田家文書』:「伊達の黒船」の最後   皆川 恵子 
   
 会長独言   田中 巌 
   
 定時総会報告    
   
 お知らせ    
   
   

東京古田会ニュース2021年 5月号(No.198)の主な内容
   
 倭国と日本国 
 ─ 政権交代前夜 ─ その2 
 橘高 修 
   
 神代紀の「孫」を考える   新保 高之 
   
 鸕野讃良(うのささら)皇女は天皇では無かった   服部 静尚 
   
 コーヒーブレイク 
 荒覇吐神の怒りに触れたか 
 安彦 克己 
   
 新刊書紹介 
 『新釈全訳 日本書紀前夜 上巻 
 (巻第一~巻第七)』 
 新保 高之 
   
 東日流語部伝承考
 日本人のルーツを求めて2 
 竹田 侑子 
   
 古代史エッセー61 
 オケ・ヲケ皇子即位が意味すること 
 橘高 修 
   
 会長独言   田中 巌 
   
 お知らせ    
   
   

東京古田会ニュース2021年 3月号(No.197)の主な内容
   
 倭国と日本国 
 ─ 政権交代前夜 ─ その1 
 橘高 修 
   
 「皇祖」を考える   新保 高之 
   
 大化年号の検討   服部 静尚 
 東日流語部の伝承は多倍年暦では   秀島 哲雄 
   
 思い出がたり(10) 
 『日本書紀』の謎掛け共同研究会(5)
 香川 正 
   
 おしらせ    
   
 古代史エッセー60 
 推古天皇と広姫 
 橘高 修 
   
 東日流語部伝承考
 日本人のルーツを求めて1 
 竹田 侑子 
   
 会長独言 
 リモ-ト月例会 
 田中 巌 
   
   

東京古田会ニュース2021年 1月号(No.196)の主な内容
   
 古代史エッセー58 
 「難波津 ─ あさかやま木簡」と天武皇統の終焉 
 橘高 修 
   
 大槻樹下の誓盟   新保 高之 
   
 古代日本の地方統治の考察 
 (國造・稲置・縣主等とは)その2 
 橋本 正浩 
   
 倭國造(倭の国の御奴)   橋本 正浩 
   
 「二倍年暦」と「二倍年暦の歴史学」という
 古賀達也氏の本会会報195号の論考の読後感想 
 中村 通敏 
   
 拙論「東日流語部たちは太古の歴史を
 正確に伝承していた」に対する批判に答える 
 安彦 克己 
   
 「古田武彦記念 古代史セミナー2020」開く  荻野谷 正博 
   
 「古田武彦記念 古代史セミナー2020」 来賓あいさつ   (株)ミネルヴァ書房 代表取締役社長 杉田 啓三 
   
 越後と佐渡を巡る旅   安彦 克己 
   
 飛鳥から国が始まったのか   服部 静尚 
   
 お知らせ